横浜でペット用品を購入する時のコツ

犬や猫を飼う時には、最低限揃えておきたいグッズがあります。犬ならドッグフード、猫ならキャットフードはもちろん必要ですし、それを与えるためにお皿や水入れなども必要になります。横浜でペット用品を購入する時には、まずは今の時点で何が必要なのかをリストアップしておくといいです。今やグッズは山ほどあるので、全て揃えようとしたらお金がなくなってしまいます。もし以前同じ種類の動物を飼っていた場合は、その子の遺留品を使い回せる可能性もあります。きちんと消毒しておく必要がありますが、それが使えるのであれば節約することが可能です。犬に必要なもの、猫に必要なものをそれぞれ調べて、家に迎え入れる時にちゃんとセッティングしておいてあげることが望ましい状態です。

犬を初めて飼う時に必要なものとは

初めて犬を家に迎え入れる時には、まずは子犬用のドッグフードを購入する必要があります。ペットショップで犬を購入した場合は、そのお店でその子が食べていたものを教えてくれる可能性が高いです。しばらくはお店で与えていたものと同じ種類のフードを用意してあげるといいです。犬用のおもちゃもたくさんありますが、その前にトイレシートやリードなど身の回りのお世話のための用品を購入しておきます。こういうものを買う時には、遠くまで行かないと手に入らないものは使わないほうがいいです。できれば普段から行けるスーパーやホームセンターなどで手に入るのもだと、使い切った時にすぐに買いに行くことができます。横浜中のお店を探さないと手に入らないこだわりのグッズではなく、身の回りのお世話の品は手に入りやすいものを選んだほうがいいです。

猫のためのグッズを用意するときのポイント

犬と猫では用意しなければいけないものが全く異なります。猫はどちらかといえば犬用品よりもものが少なくて済みますが、トイレとトイレ砂は必須です。家の中で飼うことを前提にしているのであれば、必ず家の中にトイレを1つか2つは用意しておく必要があります。場合によってはケージを用意しておく必要もあります。猫の場合は品種によってキャットフードが細分化されていませんが、子猫用、成猫用、シニア猫用、と分かれているので適したものを選ぶことが大切です。ペットショップで購入した場合は犬と同様にそのお店で与えていたものを教えてもらって食べさせます。横浜では気のきいた猫用のグッズのお店もあるので、他に爪とぎや猫が登って遊べるツリーなどを購入して用意してあげるといいです。

お問い合せは平日10:00~18:00までとなっております。 当社はパピーから個別レッスンまでお客様に合わせて対応いたします。 国内最大級、犬と人のための大型複合施設です。 診療室を併設し、丁寧かつ多角的なカウンセリングで穏やかに過ごせるようにサポートする介護・老犬ケアがございます。 複合施設ならではの【多種類な専門スタッフの在籍】で安心することができます。 ペット用品を横浜で検索